メンズスキンケア用品を扱うLOHASです。美容に関すること、健康に関すること、日々のことをゆったりとつづっていくブログです。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
昔の運動常識は間違っていた!?
先日、テレビで「昔の健康常識は間違っていた!」という内容が放送されていました。

たとえば、こんな感じです↓

・運動前にはストレッチ
 →運動前にストレッチをするとケガをしやすくなるそうです。
  理由は、運動前にストレッチすることにより、筋肉や腱がゆるみすぎてしまって
  クッション性がなくなってケガをしやすくなるということ。
  ストレッチは運動後の方がいいそうですよ♪

・ウォーキングは20分以上やらないと意味が無い
 →実は、運動をはじめた直後から脂肪は燃焼するそうです。
   5分、10分の時間でもいいので気づいたときに運動することが大切だそうですよ♪

・年を取ると筋肉痛が遅れてやってくる
 →年齢に関係なく、運動の負荷で筋肉痛の出る時間が異なることがわかったそうです。
  たとえば、ジョギングなどの負担が小さい運動では早くから筋肉痛になり、
  腕立て伏せなどの負担が大きい運動で遅れてやってくるそうです。

今年は暖冬の予想です。
天気のよい日には上記に気をつけて運動をやってみたいですね(^^)

スタッフ 田中

sports-m.jpg
寒暖差アレルギーって?
朝晩すっかり寒くなりましたねっ。

「最近鼻づまり」がひどくなった」「点鼻薬が手放せない」など
「鼻炎」に悩まされていませんか?

これ、『寒暖差アレルギー』というらしいです。
(もちろん、風邪の場合や花粉症などのアレルギーの場合もあります)

寒暖差アレルギーとは、急激な温度変化が原因で、風邪やアレルギーのような
「鼻水」「鼻づまり」「クシャミ」などの症状が出ることをいいます。

「血管運動性鼻炎」と言われることもあります。

人によっては鼻炎だけだなく、「頭痛」「食欲不振」「疲れ」などの症状が出ることも。
この「寒暖差アレルギー」を防ぐには

①着るもので温度調節をする。
 (気温にあった服装を心がけましょう)

②バランスの良い食生活

③睡眠

④適度な運動

が大切です。

最近鼻炎が気になるな、と思ったら気をつけてみてくださいね♪

hana.jpg
熱中症と同じくらい気を付けたいこと
猛暑が続く中、気を付けたいのは熱中症ですが、
ほかに、熱中症と初期症状が似ている「夏血栓」にも
気を付けたほうがよさそうです。


夏血栓の初期症状は
めまい、けんたい感、どうき、息切れ
など、熱中症と似ています。

原因は、脱水により血液中の水分が減って、
流れている赤血球などが血管に詰まりやすく
なるからです。

血栓が脳にいって詰まると「脳梗塞」
心臓にいって詰まると「心筋梗塞」
になります。

この「夏血栓」は高齢者だけではなく、
長い時間同じ姿勢でいるなどした場合、
若い世代でも発症の可能性があるんです。

手足のまひや胸の痛みが出始めたら要注意です。
熱中症だと思っていたら夏血栓で突然死という
こともありえます。

これを予防するためには、やはり水分補給が
一番なのですが、それ以外にも食事面では
青魚や納豆など、血液の流れをサポートして
くれる食事を摂ることが有効です。


まだまだ続く猛暑。
十分注意して乗り切りましょう。

スタッフ 末永

summer.jpg


ランキング参加中♪



スキンケア(メンズ) ブログランキングへ
夏は○○が減るからやせにくい
夏は汗をかきやすく、代謝が良いような気がしますがじつはちがうんです。

汗をかきやすいのは、人間の体が気温に対応して、
体を冷やすために汗をかきやすい体にしているためで、
代謝が良くなっているわけではありません。

じつは、夏には基礎代謝が下がり、冬は基礎代謝が上がります。
だから夏にはやせにくいのです。

それはなぜかというと。

人間は、常に体温を一定に保つことで生命を維持しています。
そして、基礎代謝には、その体温調整に使用するエネルギーもふくまれています。

夏は外の気温が高く、体温を維持するための
熱を産出する必要がないため、基礎代謝が下がります。

一方、冬は気温が低いため、体温を保つために
熱の産出が活発になり、基礎代謝が上がります。

冬は、少し服装を薄着にするだけでも、体は体温を奪われないように
熱を産出するので基礎代謝が上がるんです。

  <基礎代謝とは>
   何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために
   生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。


基礎代謝が落ちるとよくない理由

大きく分けて次の3つがあげられます。

・太りやすい体質になる
・免疫力が下がる
・顔色が悪くなる


では、夏に基礎代謝を上げるには?

基礎代謝の消費エネルギー内訳を見ると、
内臓・実は筋肉より内臓が多いんです。


消費量は大人の場合
肝臓が27%、脳が19%、筋肉(骨格筋)が18%

この3器官のみで6割以上を占めます。


ですので、活動的な生活をして自律神経を整え、
内臓機能を高めることが大切です。

内臓に負担をかけないように、アルコールを控えたり
冷たいものを飲みすぎないようにすることも大事です。

それに加えて、筋肉を鍛えるとさらに効果的なのかもしれません。

スタッフ 末永

ランキング参加中♪



スキンケア(メンズ) ブログランキングへ
新にんにく大量買いでウキウキ♪
こんにちは、末永です。

この季節に八百屋さんで見かけるとついつい買ってしまうのが
”新にんにく”

新ニンニク

普通のニンニクとの違いは”新ニンニク”は
みずみずしくて、生のままスライスしてサラダや
料理に使ってもすごく美味しいんです!

乾燥させていないので、日持ちがしないため
いつもむいて保存袋に入れて冷凍庫に保存します。

ちょっと前にニンニクの皮のかんたんなむきかたを
テレビでやっていたのを見たんです。

根っこの部分を5mmほど切り落とし、
皿にその面を下にして並べレンジでチンすれば
つるんと出てくるとゆうのでしてみたところ、
表の皮だけむけて中身は出てきませんでした(残念)
スライスした部分ももったいなかったので
この方法はもう二度としないと思います。

ということで、
地道に手でむきました。
たっぷりのニンニクが冷凍庫にストックできて
すごくうれしくなりましたよ。

しょうゆに漬け込んでニンニクしょうゆも
作ってみようと楽しみです。

ところで、

ニンニクって健康野菜の王様って知っていましたか?

1990年に米国の国立がん研究所で
「デザイナーフーズ・プログラム」という
プロジェクトが開始されました。

これは、植物性食品のどのような成分が、
がん予防に効果があるのかを研究し、
その成分を複合または強化させ、
がん予防に効果的な「デザイナーフーズ」を
開発しようという計画なのです。

これによると
がんの要因は、食生活によるところが
大きいと言われている一方で、
普段口にしている野菜や果物などの植物性食品には、
がんを予防する効果のある物質が
含まれていることが明らかになってきました。

デザイナーフーズ・プログラムでは、
がん予防効果のある食品、
40種類を効果の高いといわれる食品を
頂点にピラミッドを作成しています。

それが、この「デザイナーフーズリスト」です。

その頂点にたっているのがニンニクなんです!

野菜を上手に利用して予防に心がけたいですね。

ランキング参加中♪



スキンケア(メンズ) ブログランキングへ
Copyright © 2018 美容と健康のLOHAS. all rights reserved.