メンズスキンケア用品を扱うLOHASです。美容に関すること、健康に関すること、日々のことをゆったりとつづっていくブログです。
デトックスでさわやかな新年度を♪
桜が咲いて春めいてきましたね♪

さて、今日は新年度をむかえて、
簡単にできるデトックス(毒素を排出)法をご紹介します。

 <食事でデトックス>
 食物繊維、ビタミンCなどが多くふくまれる
 「緑黄色野菜、たまねぎ、りんご、キノコ、海藻、豆類」などや
 旬の食材「たけのこ、山菜」などを積極的にとりましょう。

 <水分補給でデトックス>
 1日1.5~2リットルを目安に水を飲むと
 新陳代謝や腸のはたらきがアップします。
 コーヒーや炭酸飲料ではなく、常温のお水がおすすめです。

 <入浴でデトックス>
 ぬるめのお湯で発汗、代謝をうながしましょう。

 <適度な運動でデトックス>
 ウォーキングなどの有酸素運動は血液やリンパの流れを良くしてくれます。

 <質のよい睡眠でデトックス>
 良質な睡眠にはホルモンバランスをととのえ、
 新陳代謝を正常にするはたらきがあります。

さわやかな新年度をすごしてくださいね♪

sakura.jpg


ランキング参加中♪



スキンケア(メンズ) ブログランキングへ
class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;">
花粉対策に「じゃばら」
昨年蓄のう症を発症したわたくし、どうやら花粉にも反応しているような?
認めたくなかったんですが、仲間入りなのかも💧


花粉対策に柑橘のじゃばらがいいっていうのは数年前から言われてて

特に果実よりも苦ーい果皮にその成分がたくさんふくまれてると✨

で、
わたしの好きなKis-My-Ft2の千ちゃんが花粉対策でじゃばらを食べていると、彼のブログで知り
さっそくわたしもじゃばら果実をお取り寄せ(笑)

和歌山県北山村産の青みのある時期のが有用成分が多くておすすめではありますが
時期的にひとまず長崎県産の完熟を。

じゃばら


これで花粉対策の士気が高まるってもんです♪

甘ずっぱくておいしいです❗️

皮ごと冷凍してすりおろしてチューハイに入れようかな♪

果肉を搾って生搾りチューハイにしたらとってもおいしかったですよ~\(^o^)/

けど、花粉に敏感な人はお酒飲むと症状が悪化するとも言われてるので、プラマイゼロかな〜(・Θ・;)





ランキング参加中♪



スキンケア(メンズ) ブログランキングへ
つら~い鼻水、鼻づまりには…
最近、こちら福岡ではすこしずつ暖かい日が増えてきたように思います。

天気のよい日はぽかぽかしていますよ。

さて、暖かくなってくると気になるのが”花粉”

風邪でマスクをする人から花粉でマスクをする人がチラホラ増えてきました。

花粉症といえばツライのが「鼻水」「鼻づまり」

今日は花粉症の鼻水、鼻づまりで困った時に病院で処方される薬についてご紹介します♪

<くしゃみ、鼻水をすぐに治したい>
 ◆抗ヒスタミン薬:鼻の粘膜でヒスタミンのはたらきをブロックします。
 最近では効果が優れていて眠気や副作用の少ない「第2世代抗ヒスタミン薬」が
 処方されることが多くなっています。

 ◆鼻噴霧用ステロイド薬:鼻の中の炎症を抑える薬です。

<鼻づまりがひどい>
 ◆鼻噴霧用ステロイド薬
 ◆抗ヒスタミン薬
 ◆抗ヒスタミン薬・塩酸プソイドエフェドリン配合剤:
   くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つの症状に効果があります。
 ◆抗ロイコトリエン薬:
  おもに鼻づまりの薬です。
  鼻づまりが重症なときに使われますが効果が出るのに1~2週間くらいかかります。

花粉シーズンは外出時の「マスク」「めがね」、洋服は表面がサラっとした素材のものを。
外から帰ったら、服の花粉をはたき、洗顔、うがいを心がけましょう♪
くしゃみ  
 

昔の運動常識は間違っていた!?
先日、テレビで「昔の健康常識は間違っていた!」という内容が放送されていました。

たとえば、こんな感じです↓

・運動前にはストレッチ
 →運動前にストレッチをするとケガをしやすくなるそうです。
  理由は、運動前にストレッチすることにより、筋肉や腱がゆるみすぎてしまって
  クッション性がなくなってケガをしやすくなるということ。
  ストレッチは運動後の方がいいそうですよ♪

・ウォーキングは20分以上やらないと意味が無い
 →実は、運動をはじめた直後から脂肪は燃焼するそうです。
   5分、10分の時間でもいいので気づいたときに運動することが大切だそうですよ♪

・年を取ると筋肉痛が遅れてやってくる
 →年齢に関係なく、運動の負荷で筋肉痛の出る時間が異なることがわかったそうです。
  たとえば、ジョギングなどの負担が小さい運動では早くから筋肉痛になり、
  腕立て伏せなどの負担が大きい運動で遅れてやってくるそうです。

今年は暖冬の予想です。
天気のよい日には上記に気をつけて運動をやってみたいですね(^^)

スタッフ 田中

sports-m.jpg
寒暖差アレルギーって?
朝晩すっかり寒くなりましたねっ。

「最近鼻づまり」がひどくなった」「点鼻薬が手放せない」など
「鼻炎」に悩まされていませんか?

これ、『寒暖差アレルギー』というらしいです。
(もちろん、風邪の場合や花粉症などのアレルギーの場合もあります)

寒暖差アレルギーとは、急激な温度変化が原因で、風邪やアレルギーのような
「鼻水」「鼻づまり」「クシャミ」などの症状が出ることをいいます。

「血管運動性鼻炎」と言われることもあります。

人によっては鼻炎だけだなく、「頭痛」「食欲不振」「疲れ」などの症状が出ることも。
この「寒暖差アレルギー」を防ぐには

①着るもので温度調節をする。
 (気温にあった服装を心がけましょう)

②バランスの良い食生活

③睡眠

④適度な運動

が大切です。

最近鼻炎が気になるな、と思ったら気をつけてみてくださいね♪

hana.jpg
Copyright © 2019 美容と健康のLOHAS. all rights reserved.